Month: January 2017

時代の流れでクレジットカードを持つ

私は、現金主義者の人間です。何を買うにも現金で購入し、公共料金はコンビニ払いを利用している人間です。今までたくさんの会社から「クレジットカードを作りませんか?」と勧められてきましたが、その全てを断り続けてきました。しかし、最近私もクレジットカードを持つようになりました。なぜなら、サーバーと携帯の料金払いの方法が、クレジットカードのみになってしまったからです。どれだけ拒絶しようにもそれ以外を受け付けて貰えないのなら仕方がありません。私はその為に口座を開き、そこに当月分の使用料を振り込むようにしています。それならばもし何かあった時の被害を最小限に留められるし、お金の行方が目で見てわかるからです。このような使い方をするとクレジットカードの利点はないかも知れませんが、恐れる事はありませんでした。

残高はしっかり確認を

私はもともとクレジットカードを使う習慣がありませんでしたが、結婚を機にクレジットカードを使用するようになりました。 我が家の場合、一つのクレジットカードに絞るわけではなく、用途に合わせてクレジットカードの使い分けをしていました。 するとクレジット会社によって引き落としの期日等が違ってきます。 なので引き落としの期日と金額をしっかり確認し、給料日と照らし合わせて通帳にお金を残しておかないと残高不足になります。 2回程、3つ使い分けていたクレジットカードのうち、最後に引き落とされる分が500円~1000円ほどの残高不足で引き落とせないという旨の通知が来ました。 私の引き落とし金額の確認のし間違いで、残高が不足状態となってしまっていました。 自分が管理できないのでは意味がないので、今では1枚のクレジットカードに絞っての利用にしています。