自分の持っているクレジットカードが使えないときがありました

多くの方がすでにご存じかもしれませんが、クレジットカードにはVISAやJCB、MASTERなどの種類がいろいろとあります。クレジットカードで代金支払いをする場合、その店舗でVISAしか使えないというようなシーンに遭遇する場合があるかもしれません。現金で支払うよりは断然お得なクレジットカードを持っていたとしても、自分のクレジットカードがその店舗で使えないということならば、結局現金支払いになってしまいます。私は一度だけそういうシーンに遭遇したことがあり、仕方なく現金で支払いました。せっかくクレジットカードを持っていても、使えないなら意味がないと思いました。利用する店舗をひとつひとつ確認してからクレジットカードを申し込むのは面倒かもしれませんが、そういうちょっとした寂しい気持ちにはなりたくないものですね。

ETCカードは魅力的ですが、年会費は?

クレジットカードを持つことと同時に考えたいことがあります。それはETCカードです。ETCカードのためにクレジットカードを申し込んだという方もたくさんいるのではないかと思います。高速道路こそ現金で支払うのは非常にもったいないと思います。今でこそ高速道路をどれだけ利用しても1000円で乗り放題というのはなくなっていますが、それでも30パーセントなどの割り引きを受けられるETCカードは確実に魅力的です。しかし気を付けなければいけないこともあります。クレジットカードは入会金・年会費が0円というのをよく聞きますが、だからといってETCも年会費が無料かどうかはわかりません。私が以前持っていたクレジットカードでETCカードを申し込もうとして調べてみると、ETCカードは年会費500円かかるということでした。高速道路を利用しない年もあるので、これはもったいないと思って別のクレジットカードを申し込んだことがあります。

利用回数でグレードが上がる場合に考えたいこと

クレジットカード会社によって、利用金額や利用回数でポイントが貯まりやすくなるグレードのようなものが設定されている場合があります。高いグレードだと、ポイント付与率があがったり、グレード限定のポイントプレゼントがあったりします。そのグレードをあげるために、少額の日用品を月1回程度、送料のかからない商品を狙って購入しています。グレードをあげるためだけに近隣スーパーで販売しているものよりも購入代金が高くなってしまっては意味がありませんので、そのあたりの価格調査は事前にしておかなければいけません。インターネットでの購入は送料も考えなければいけませんので、送料が無料でないとしても、2000円以上購入で送料無料だとかいうときには、まとめ買いもときには必要かもしれません。最終的に高いグレードで得られるポイント等のメリットと購入代金を比べて、お得になるように検討する必要はあります。

カードで借金した結果、ダメ人間扱いをされるようになりました。

丸井デパートでよく買い物をしていたのでエポスカードをつくりました。

割引があるのでお得に買い物ができてラッキーなんて考えていましたが元々散財するタイプだったのでカードを持ったことで拍車がかかってしまいました。

気がついた時には借金が100万円を超えていました。

どうあがいても返済できる気がしなかったので、親に相談して散々怒られてお金を借り、そのお金で返済しました。

子供が馬鹿なことをしたのだと親が言いふらして親戚にも馬鹿にされるようになり、いまではあそこの子供はダメだから。あのようになってはいけない。そのために勉強しなさいなどと自分の子供に私のような失敗をさせないように、やる気を出させるためにダメ人間の代表として名前を出されるようになっています。

クレジットカードを複数枚持たないようにしています。

クレジットカードは1枚持っていれば良いと考えている人は多いと思います。私も同じ考えです。理由の一つとして、クレジットカードの保管に困るということがあげられると思います。別の理由として、ポイントがあっちこっちに分散されてしまうということもあげられると思います。クレジットカードの保管は自分の管理でどうにかすっきりできるかもしれませんが、ポイントの分散を自分の管理でまとめようとしてもできません。ポイントを分散してしまったとしても、無駄にすることなく使い切れればもちろん問題ないのでしょうけれども、少量のポイントがあちこちに散らばっていては使いどころがない可能性があります。1ポイントから利用できる場合であれば問題ありませんが、例えば1000ポイント貯まってからようやく使えるという場合はやはり分散からくる弊害を顕著に受けることとなります。ポイントを分散させないためにもクレジットカードは1枚でとどめておいたほうがいいかもしれません。

婚約指輪をスマートに買いたかったのに

今の夫と婚約指輪を買いに、伊勢丹のティファニーに行ったときのことです。お会計のときに夫はクレジットカードで支払おうとしたのですが、上限に達してしまいカードで買えず、現金を降ろしに銀行に行きました。普段行かないような高級な店ほど、サッとスマートにお会計を済ませたいものですよね…今となっては笑い話ですが、その場でカードが使えない!となると恥ずかしいので、高額な買い物をする際は現時点での上限金額を確認しておくべきだった、と思いました。それから数か月後、結婚指輪を買ったときは、私のイセタンアイカードで購入しました。ポイントはつきませんでしたが、年間お買い物額には加算されるので、来年度以降の優待率が良くなりました。高額なお買いものの際は、上限金額を確認の上、クレジットカードで支払うのがお得です。

年会費無料でポイント交換も楽々

クレジットカードで支払いをするのは、現金よりもお得なことばかりあります。でも、年会費ばかり取られていても勿体ないので、私は年会費無料のカードだけを持つようにしています。たとえ年会費が無料だったとしても、保険の付帯サービスはしっかりしているカードもあります。

私が、メインで利用しているのは、ビックカメラSuicaカードです。こちらは、初年度年会費無料なのですが、翌年以降も年間1回以上の利用があれば無料になるので、実質永年無料なのです。

クレジットカードのポイント交換というのは、結構面倒でもありますし、気付かない間に失効してしまうケースも少なくありません。でも、このカードは貯まったポイントをチャージに回すこともできるので、失効することなく有効活用できるので、便利だと思います。

楽天カードを使っています。

楽天カードは年会費が無料なだけでなく、使った分だけ楽天のポイントがたまります。

このポイントは楽天市場で使用することが出来るので、楽天市場でよくショッピングをする私にとっては非常に利用価値が高いカードです。

楽天市場で商品を購入すると、商品代金の100円につき1ポイント付与されるのですが、その支払いを楽天カードで行うことで、さらに楽天ポイントがダブルで付与されるのでかなりお得です。

楽天カードの一ケ月の利用料金の総額に対してポイントが付与されますので、クレジットカードが利用できるお店でしたら、たとえ100円以下の商品であっても楽天カードを使って支払うようにしています。

小さい金額だとしても、一カ月のトータルにしてみると結構たまるものなのです。

しかし、現金とは違って支払いがされるタイミングがずれますので、楽天カードの利用履歴のサイトでも確認できますが、家計簿などでクレジットカードで払ったことを管理しておくことが大切です。

ファミマのTカードをメインカードにしています

私が所有しているクレジットカードはファミマのTカードと楽天カードの2枚です。どちらも買物の際にポイントが溜まるだけではなく、アンケートなどでもポイントが溜まるのが特長のカードと言えます。

あまり枚数を増やすとポイントが分散されてしまうので厳選した結果です。特にメインで使用しているのはTカードの方で、コンビニなのではカードを提示するだけで会員価格で購入することが出来ますし、何より1Pからコンビニでポイントを使用することが出来るのでポイントを利用しやすいのが最大の特徴と言えます。

またドラックストアーのウェルシアと提携を結んでいるので、このドラックストアーで買物時に袋が不要と言うと2P付けてもらえますし、毎月20日は溜まったポイントを1.5倍で使用することが出来ます。200P以上から使うことが出来、200Pで300円分の買物がすることが出来るのでとってもお得です。

持っていて損がないカード

もともとクレジットカードには抵抗がなく、むしろ持ってるのがカッコイイと思っていて、クレジットカードなや何でも同じだと思っていました。でもエポスカードと出会って、自分に良い特典ばかりで、もうずっとエポスカードばかり使っています。まず、入会費が無料。年会費もだいたい2年目から発生するところが多いけど、ずっと無料で、初回特典として、2000円分のクーポン券が付いてくるので、カードを作ったときに2000円引きで買い物ができます。ポイントも貯まるので、ネットでの買い物や携帯料金もエポスカードで支払ってるので、気がついたらけっこう貯まってます。全国、7000店舗でいろんな優待や割引があるし、自分がよく行くご飯屋さんやカラオケも割引があるので、ラッキーな事が多く、得した気分になります。ぜひ使ってみてほしいです。