Month: March 2016

ご利用は計画的に…クレジットカードでの失敗談

20歳を過ぎたということもあり、お酒や車などの誘惑に勝てずクレジットカードを使って支払いをしました。 車に関してはしっかりと頭金をそろえておいたおかげで10万借りるかどうかで済みましたし、お酒に関しても少し飲む程度でしたので2万ぐらいで済みました。 最初の月は全然余裕で払えましたので「クレジットカードって手許に無くても使えるから便利だ」と思ってしまいその後もどんどん使うようになっていきました。 半年後ぐらいに貯金が中々貯まらないなと思い、今までに何を買ったか見て行った時にそれは起こりました。 買った額が給料とトントンになってしまっており、全然貯まっていなかったのです。 その時にしまったと気づいたのですが、クレジットカードの場合だと自分で使ってしまった額の感覚がありません。 手許にあるお金は減りませんので「大体このぐらいまで使えるな」という感覚が、現金に比べて非常に弱いのです。 そのため、給料とトントンまで使っていても日々支払さえできればカード会社から請求は来ませんので中々気づきにくいです。 クレジット明細も一応は送られてきますが、詳しく読んでいませんでしたのでなおさら分かるわけがありません。 そういったことで、半年間全く貯金が出来ず行こうと思っていた「旅行」で苦労することになりました。 なんとか「旅行」自体は行けたのですが、貧困なくらいお金に困る状態になりましたのでクレジットカードは使わないでおこうと思います。 皆さんも、クレジットカードは大変便利ですが金額が見えにくいですのでご利用は計画的にすることをおすすめします。 以上、私の失敗談でした。お付き合い頂きありがとうございました。

便利な時代とクレジットカード

クレジットカードの便利さには、色々なものがあります。カード一枚で決済でき、今の時代ではあれば、ネットショッピングになくてはならないものでしょう。わたし自身も、クレジットカードを持つ理由の中に、決済が楽である、ということがあります。しかし、それ以上に便利であると思うことがあります。それは、Web明細サービスです。各クレジットカードによって呼び名は異なるでしょうが、要するにネットで請求額などを確認できることです。一時期、クレジットカードを作りたくないことがありました。現在、複数枚所有していますが、ここ数ヶ月で所得したものです。その際、御道路痛いのがWeb明細サービスでした。請求額を確認できることはもちろん、各種申込もコンテンツから可能になっています。さらに、キャッシング枠があれば、振込申込もできます。しかも、もっとも驚いたことが、月々の返済額を範囲内で変更できることです。毎月行うことができ、台所事情が苦しくなった時、非常に役立つものと思いました。わたしが最初にクレジットカードを作ったのは、1990年代前半です。当時は、まだまだ郵送での請求書送付などが全盛であり、当月の支払額を知る時期も給料日の一週間前であるのが、当たり前でした。しかし、Web明細であれば、ほぼリアルタイムで残高に反映されます。支払額を相当前に把握しやすくなっています。つくづく便利な時代になったと実感しています。なお、上記のことは、あくまでわたしが経験しているクレジットカードについてです。当然、異なる状況となるクレジットカードもあります。

現金を持っていなくても便利に購入出来ます

以前は現金払いで何でも払っていましたが、今はクレジットカードがないと困ります。 現金がない時に銀行まで行くことは面倒なのです。 コンビニなども便利ですが、下すだけでも手数料がかかってしまい損した気分になります。 そんな時にクレジットカードを一枚でも持っていると本当に助かるのです。 普段はスーパーに行くことが多いですが、ポイントが貯まるようなカードを持っています。 そのお店の系列店で使うと、決められた日にボーナスポイントが付いたり、商品が割引で変えたりします。 その日に合わせてまとめ買いをするようになりました。 現金の場合、何もサービスはないけれど、ボーナスポイントが溜まれば次回のお買い物にも便利に利用出来ます。 銀行にお金を入れておくだけで、翌日にまとめて支払われるので本当に便利です。 クレジットカードのポイントが貯まると、商品などと交換出来たりすることも楽しみの一つとなっています。 自分の好きなものを選ぶことが出来るので、次回は何にしようかなと考えることも楽しみです。 たまに盲導犬の募金や地域の募金にポイントを使用することもありますが、自分だけで良いことをした実感が持てます。 1000円だけ募金をするだけでも、社会の役に立てたような気持ちなり気分が良いです。

クレジットカードを使ってお金の管理がしやすくなった

一家の家計を預かるものとして、主婦はお金を計画的に使い、貯蓄を毎月していくという義務があります。 クレジットカードは、何に使ったかが、一目りょう然でわかるのでとても管理がしやすいです。必要なものを買うとき、現金を銀行からおろして財布に入れ、足りなかったら困るので多めにおろします。多めにおろしたことで、いつの間にかその残りのお金を使ってしまっていることがあります。クレジットカードは使った金額だけ引き落とされるので、余計なお金を使わないですみます。 またポイントも貯まるので、現金で買うよりはポイントが貯まるのでお得です。 銀行の通帳にも引き落とされた金額が記帳されるので、家計簿などに記入するときも、わかりやすいです。 また今はなくてはならないネットで買い物も、クレジットカードがないことにはスムーズに買い物することはできません。子供の誕生日プレゼント、お中元、お歳暮なども、まとまった金額が必要になります。手元にお金はないけれども、もう少ししたら給料日など、そういうときにもクレジットカードはすごく助かります。

クレジットカードは節約アイテム

クレジットカードを利用する理由は簡単にできる節約方法がクレジットカードを使用することで達成できるからです。人によってそれぞれの節約法があると思いますが、私にとって最も実践しやすく継続しやすい節約法がクレジットカードを利用することなのです。 クレジットカードを利用すると利用金額の割合でポイント還元がなされます。そのポイント還元率を節約と考えるのです。例えば、あるクレジットカードのポイント還元率が1%とすれば10万円を利用すれば1000円分のポイント還元が受けられるということで、これを1000円の節約をしたと考えるのです。この節約額が節約としては少し物足らないという感じはしないではありませんが、節約をするということほとんど意識しないで節約できるということでよく言われる節約疲れというようなことにはまったくならないことが大きなメリットです。 節約をすることを中心に考えているのでクレジットカードを選ぶ基準はまずはそのクレジットカードのポイント還元率が高いか安いかを最も重要視してします。今使っているクレジットカードのもしポイント還元率が今よりも有利なクレジットカードが発行されたならばそちらのクレジットカードに乗り換えます。

クレジットカードのポイントを貯めてお買い物

初めてクレジットカードを作ったのが今から約20年以上前です。その時は海外旅行のために作り、普段の買い物では利用していませんでした。でも最近のクレジットカードは普段の買い物やサービスでもクレジットカード払いにしないと損だと思います。20年以上前に作った時はクレジットカードのポイントを貯めても商品にしか交換できず、それほどポイントを貯めたいと思いませんでしたが、今は違います。 貯まったポイントを他のポイントに交換できたり、商品を割引で購入できたり、お得だと感じるサービスが多くなりました。以前は商品と交換したくてもポイント数が高く、貯めるまでに時間が掛っていたと思います。でも、今は小額のポイントもすぐに使えるのでポイントを貯めることに集中しています。 また、私がよくクレジットカード払いしているのはネットショッピングです。支払いがスムーズだし、銀行やコンビニに足を運ぶ手間を運べる、振込手数料を節約できるなど、メリットが多いです。 ただ、初めてネットショッピングを利用した時には不安を感じたのも事実です。クレジットカード情報が盗まれないか心配はありましたが、過去に10年以上ネットショッピングを続けていてトラブルは一度もないので安心して支払いしています。